布の種類から見る着物買取り!有松・鳴海絞


有松・鳴海絞とは、愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心にして生産されている絞り染めの名称の事を言います。
木綿の布を藍で染めたものが代表的で、模様は多数の技法を有しており、国の伝統工芸品にも指定されています。
その生産工程は、一連の工程は分業化されていますので、複数の業者が関わって作られています。
まず最初に絞り製造問屋 -が製品を企画し、下絵を付けやすい様に糊を塗布するか、もしくは湯気を当て布の皺を伸ばす湯のしを行って幅を揃えるます。
そして 図案に基いて作られた型紙を使いって、摺り師が布地の上から下絵を刷り込みます。
その後で絞り職人が下絵に合わせて布に糸を括りつけますが、非常に手間のかかる作業で、技法ごとに専門の職人によって行われますし、使用する道具も技法によって違います。
下絵や括りの作業の間についた汚れを漂白して落とし、染め分けを行い、染色をして布地を染めます。
有松・鳴海絞は、生地が木綿である為に、絹で作られている着物よりも価値は低いと思われがちですが、実際の所はこの特有の絞り染めで描かれる文様に高い評価がありますので、着物愛好家の中でも非常に好む方がいらっしゃいます。
買取業者に関する情報については、着物買取専門の情報サイトがあるので、参考にしてみるとよいでしょう。
着物買取り業者が着物を買い取る際に考える事は、次の買い手がつくかどうかですので、独特な染を持ち、保存状態も良い着物であれば積極的に買取をして貰えます。
また、独特な文様を描き出す絞り染めは江戸時代から変わっていませんので、現代の流行に影響されないで需要がある事も高く評価されています。